ゲーム実況しています コチラ  

【フォネティックコード】ビジネス電話対応で聞き間違いを防ぐコツ【会社員必見!】

こんにちは。元コールセンターの経験のあるベルです。

皆さんは電話対応って仕事ですることありますか?

ビジネスの電話対応って難しいですよね。もし謝ってお客様の言ったことを聞き間違えたり、こちらの対応の伝達ミスがあった場合って結構面倒になりますよね。

ボクもコールセンターをしていた時、聞き間違いをなくすためにフォネティックコードを使っていました。

フォネティックコード?何それ美味しいの(*´ω`*)

って方向けに今回はフォネティックコードについて便利さと使い方について解説したいと思います。

コールセンターで働いていなくても結構使える技術ですのでぜひ参考にしてみてくださいな。

フォネティックコードとは何ぞや?

フォネティックコードとは、電話での伝達ミスを防ぐために制定されたものです。

特にアルファベットの伝達をしやすくするためのものですね。

以下のようになります。

フォネティックコード
  • A アメリカA
  • B ブラジルB
  • C チャイナC
  • D デンマークD
  • E イングリッシュE
  • F フランスF
  • G ゴールドG
  • H ホンコンH
  • I インターネットI
  • J ジャパンJ
  • K キョウトK
  • L ロンドンL
  • M メキシコM
  • N ニッポンN
  • O オオサカO
  • P パリP
  • Q クィーンQ
  • R ローマR
  • S スイスS
  • T トウキョウT
  • U ユーエスエーU
  • V ヴィクトリーV
  • W ワシントンW
  • X クリスマスX
  • Y イエローY
  • Z ゼブラZ

例えば、お客様にパスワードを入力してもらう場合を例にしてみます。

「BELL246N」と入力してもらう場合は「ビー・イー・エル・エル・にー・よん・ろく・エヌ」を入力してもらうわけですが聞き間違いによる入力ミスが起きやすくなるわけです。

そこで先程のフォネティックコードを使って確実に伝達します。

「BELL246N」を入力してもらう場合は以下のようになります。

「ブラジルB、イングリッシュE、ロンドンL、ロンドンL、数字2、数字4、数字6、ニッポンN、

を入力してください。」といった感じになります。

フォネティックコードで注意するべきは、パナソニックP、巨人Kなど、なるべく会社名や団体名などは控えた方がいいです。(不快に思うお客様もいらっしゃるため)

フォネティックコードを使いこなしてワンランク上の対応を!

フォネティックコードはより正確に伝えるための手段です。

ボクも電話対応をする時が結構ありますが、伝達ミスをするとやはり双方にデメリットとなりますよね。

仕事の効率化のために積極的に使っていきましょう。

電話対応は奥が深いですが、ボクも引き続き勉強してスキルアップしていきます。

一緒に頑張りましょう!

フォローお願いします!