Instagram 作成した動画や写真を公開中 コチラから 

【ファイナルカットプロ】シネマ風レターボックスの作り方【シネマスコープ】

こんにちは、suzutoです。

みなさん、映画風な動画って作ってみたいと思ったことはありませんか?

僕はFinal Cut Pro Xで動画編集をしているのですが、レターボックスというエフェクトをよく使います。映画のような雰囲気を出すことができるので、手軽に映画風の動画を作りたいと思っている方にとてもおススメです。

ちなみにこんな感じの上下の黒い帯ですね。

シネマスコープ(略してシネスコ)と呼ばれ、映画でよく使われるアスペクト比(画面比率)です。具体的には「2.35:1」の比率の横長のスクリーンのことです。

YouTubeの動画などで使用されるのが「16:9」なのですが、これをレターボックスで「2.35:1」の比率の横長のスクリーンにしたのがこの画像です。

ファイナルカットプロではすごく簡単に作ることができますので、今回はレターボックスの作り方を紹介していきたいと思います。

これであなたも映画監督!!

ファイナルカットプロで簡単レターボックスの作り方

まずはレターボックスを適用したいクリップの上に調整レイヤー(Adjustment Layer)を置きます。調整レイヤー(Adjustment Layer)は複数のクリップにまとめてエフェクトを追加できる便利なプラグインです。

調整レイヤー(Adjustment Layer)の追加方法については以前記事にしましたのでこちらをご覧ください。

この調整レイヤー(Adjustment Layer)に対してレターボックスのエフェクトを追加していきます。

右下のすべてのエフェクトから「レターボックス」と検索して調整レイヤー(Adjustment Layer)にドラッグ&ドロップします。

適用されると右上の調整レイヤー(Adjustment Layer)のパラメーターにレターボックスが追加されています。

Aspect Ratioの値を「2.35:1」に設定していきます。

これでクリップの上下に黒い帯ができて映画風の横長のスクリーンになりました。

レターボックスを適用すると、上下の映る範囲が狭くなってしまうので、もし被写体が見切れてしまう場合には以下のようにクリップの変形からY軸の値を変更して微調整します。

これでレターボックスの作成は終了です。お疲れ様でした( ̄^ ̄)ゞ

動画をシネマ風にするにはレターボックスが便利

「レターボックスなし(適用前)」と「レターボックスあり(適用後)」の比較

最後に本記事で紹介したレターボックスの作成手順をまとめました。

ファイナルカットプロでレターボックスを作る手順
  1. クリップの上に調整レイヤー(Adjustment Layer)を置く
  2. 調整レイヤー(Adjustment Layer)にレターボックスを適用
  3. レターボックスのAspect Ratioの値を「2.35:1」に設定

レターボックスを使うと手軽に映画風の動画にすることができます。よりオシャレに動画を作ってみたいという方はぜひお試しを٩( 'ω' )و

参考にレターボックスを使った映像をYouTubeに投稿したのでどうぞ!

フォローお願いします!